HOME >> 社会・環境への取り組み >> カーボンオフセットって何?

カーボンオフセット

「カーボンオフセット」とは、

 

私達が日常生活を送る上で排出してしまうCO2を、世界各地で行われている森林保護、植樹、設備の改善、自然エネルギーなどの事業へ資金援助を行う事により、排出したCO2相当分の埋め合わせをしようという取り組みの事を指します。

 

 


皆様は「チームマイナス6%」「チャレンジ25」という言葉を聞いた事はございませんでしょうか。

2005年2月、京都議定書で日本は2012年までに1990年当時よりCO2排出量を6%削減するという取り決めがなされ、2009年9月、鳩山内閣総理大臣が2020年までに1990年当時よりCO2排出量を25%削減するという新たな目標を世界に向けて掲げました。

 

現在、地球温暖化の問題はより深刻な状態へとなりつつあり、一人一人が地球温暖化防止の為の意識を高める事が求められています。


ただカーボンオフセットには否定的な意見が存在するのも確かで、実際に2020年までに日本国内だけで25%削減する事はほぼ不可能に近く、それを「世界各地で行われている事業に資金援助する事によって削減した事にしよう」というお金で解決する安易な考えではないかとの意見もございます。


もちろん節電・節水を始として公共交通機関を利用する。エコ対応商品を使用するなど身近にできる努力も必要ですが、それに加えて、ハスキースタイルジャパンではCO2削減を目的とした事業へ資金援助を行うという事によって、結果的に地球全体でのCO2排出量をより抑える事に繋がればと思っております。