HOME >> 

社会・環境への取り組み

社会への取り組み

  • ● 命に触れ、その暖かさを与えてくれる
  • ● 目には見えない何かを感じ取り、こころを元気にしてくれる

様々な取り組みの方法がありますが、ハスキースタイルジャパンでは主に「動物愛護センターで命を失うペットの引き取り」「セラピードッグの育成」「災害救助犬の育成」など主にペット関係の支援を行っております。

 

みなさんはセラピードッグをご存知でしょうか。セラピードッグとは、福祉施設や医療現場で活躍する人々に癒しを与える訓練を受けた犬達の事です。

 

また同時に現在日本では、年間数十万頭もの犬が保健所で命を失っているという事もご存知でしょうか。

 

ハスキースタイルジャパンではそんな命を失う筈だった犬達を引き取り、セラピードッグ、災害救助犬として訓練するために必要な資金の一部を寄付する運動を行っております。

 

セラピードッグって何? ]  [ 日本のペット事情 ]

 


 

環境への取り組み

ハスキースタイルジャパンではカーボンオフセットによるCO2排出量取引に参加し、デザイン業務を行う上で使用した電力分に相当するCO2を下記のようなプロジェクトに投資、またグリーンサイトライセンスを導入する事によってオフセットしております。

カーボンオフセットって何? ]

ブラジル、マットグソッロ州での小規模水力発電プロジェクト

カーボンオフセット証明書

ブラジル・マットグロッソ州で小規模水力発電事業を実施しました。この水力発電所によりおよそ14MWの電力を生み出すことが可能です。マットグロッソ州 はアジア向けの農業ビジネスが急速に成長している地域で、それに伴い電力の需要が急増していました。従来、この地域では火力発電により生み出された電力を 利用していましたが、発電所からの距離が非常に遠いため、伝達時の電力ロスが大きく生じていました。この地域に再生可能なエネルギーを生み出す水力発電所 を設置したことで、化石燃料の使用量が削減され、2003年から年間約40,026トン、プロジェクト全体では2010年までに総計280,179トンの CO2が削減される見込みです。[ 詳細 ]

インド、タミルナドゥ地区での風力発電プロジェクト

カーボンオフセット証明書

インド国・タミルナードゥ州でタミルナードゥ製紙会社と共同で小規模風力発電事業を実施しました。この風力発電所により最大で6.75MWの電力が生み出されます。タミルナードゥ製紙会社は自社で生産している紙製品の年間230,000トンを再生可能な資源(サトウキビの搾りかすなど)により生産を行っていますが、さらなる環境への負荷軽減を求め、再生可能エネルギーを生み出す風力発電事業を実施しました。この風量発電事業で年間14,431トンのCO2 が削減される計画です。また、プロジェクト全体では、2004年から20014年の間に144,312トンのCO2排出量が削減される見込みです。[ 詳細 ]